Skip to content

2014.09.05.FRI

【Guardian Alien Japan Tour】

- King Conqubine(Alex Drewchin solo) & More “Grooming Circle”

open 19:30 / start 20:00

チケット:2,000円(+1DRINK)
お問い合わせ:falsettosjpn@gmail.com

【LIVE】

King Conqubine(Alex Drewchin solo)

group A

TADZIO

FALSETTOS

【DJ】

Maco(ALEJANDRO, HOT BANANA)

NANAE(HOT BANANA)

++

ニューヨーク、 アヴァンギャルド・シーンの最重要グループGuardian Alien待望のジャパンツアー。
メンバーAlex Drewchinのホットなヒップホップソロ “King Conqubine” が見られる特別な金曜日。
東京のアンダーグラウンドを盛り上げるノイジーでスピリチュ アルなガールズバンド、DJsとともにおくるパーティーです。
是非遊びに来て下さい。

Guardian Alien Japan Tourの詳細
http://www.artuniongroup.co.jp/plancha/top/news/guardian-alien-japan-tour-2014/

++

【profile】

Guardian Alien(ガーディアン・エイリアン):

Guardian Alien at Duna Jam 2014ガーディアン・エイリアンはブラック・メタル・バ ンド、Liturgy(リタジー)のドラマーとして活動していたグレッグ・フォックス率いるグ ループで、 彼ら無しにはニューヨークのアヴァンギャルド・シーンを語 れない存在である。元々はグレッグのソロ・プロジェクト、GDFの延長として始まったものであっ たが、徐々にバンド形態へと進化した。メンバーは流動的でり、5~6人 になることもある。これまで自主制作のLPを1枚と、スリル・ジョッキーからアル バム2枚をリリースしている他、グレッグの瞑想中の実体験を再現したビデオもリリースしている。

グレッグ自身の師匠でもあるミルフォード・グレイブスや、 ボアダムス、またミニマリストの作曲家として名高いリース・チャタムらなどの先駆者に影響を受 け、今までに確立された音楽の形をはねつけると同時に、その多くの要素をねじ曲げあげた、独自のユ ニークな形態へと仕上げている。彼らの最新作「スピリチュ アル・エマージェンシー」では、アコースティック・サウンドと電子音のバランスを上手く興じたユ ニークな音をプロデュースしており、不安定さと宇宙の変動とを生かした様々 な音を、あらゆる方向へと一斉に押し出すような、ポストモダン時代のニューヨーク・アンダーグ ラウンド・シーンの軸となる節目を、彼らはその音から作り出している

++

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *
*
*